お伊勢参りの宿2つ目のおすすめは「アマネム」AMANEMUです。
おすすめポイントは
  • 素晴らしい建築
  • 絶景
  • 広大な敷地でアクティビティーが充実
です。
ディナーは近くの志摩観光ホテルをご紹介します。

1.昼のホテル散策

東南アジアを中心に、今は30か所以上となったアマンリゾートのひとつのアマネム。
アマンリゾートは、絶景や世界遺産など特別感ある場所に特別感あるデザイン、現地での体験アクティビィーというそれまでにはなかったスタイルを初めたリゾートです。
単に観光地巡りだけの旅行は飽きてきたという頃、アマンに泊まってまた旅が楽しくなりました。
今では星野リゾートなどアマンに影響を受けているホテルは多いと思います。

というわけで伊勢志摩のアマネム、泊まってみないわけにはいきません。
やってきました、何度も海外雑誌で見ていたこのロビー。
2018-05-31 blog lr Amanem-02329
2018-05-31 lr Amanem-02336
ウェルカムドリンクは、冷たい緑茶です。
肩の凝らないサービスもよいです。
lr blog Amanemu-02331
ホテル内を散策。
設計はアマン東京などいくつかのアマン建築を手掛けている、オーストラリア人の建築家ケリー・ヒル氏です。
平屋造り、屋根瓦、白木造りといった日本民家の要素を取り入れながらもモダンな建築です。
温かみもあり落ち着きます。
lr blog Amanemu-02338
ライブラリーがあるのもアマンの特徴です。
lr blog Amanemu-02340

lr blog Amanemu-02343
lr blog Amanemu-02365
周りの緑や自然に溶け込む建築。
ケリー・ヒル氏は、スリランカの偉大な建築家ジェフリー・バワ氏に影響を受けたということですが、こういうところを見てバワ建築を思い出します。
lr blog Amanemu-02361
小雨でしたが、庭園を散策。
lr blog Amanemu-02344
lr blog Amanemu-02368

lr blog Amanemu-02333
緑の向こうは英虞湾で、晴れていたらまた違った絶景が見れるでしょう。
敷地は広大で、東京ドーム3個分くらいとか。
このときは小雨だったのもあり遠くまで行かなかったのですが、絶景夕日ポイント、絶景日の出ポイントもあります。
スパはもちろん、ヨガスタジオ、フィットネスジムやゴルフが出来るところもあり、滞在中の楽しみは尽きないでしょう。

2.お部屋

スイートとヴィラ、いくつかのタイプがありますが、ソラスイートというタイプのお部屋です。
緑と英虞湾が見えます。
東京ドーム3個分の敷地の中に30程度あるお部屋ですから、もちろん広々しています。
lr blog Amanemu-02378
lr blog Amanemu-02373
lr blog Amanemu-02377
ベランダも広々。ベッドに寝転がることもできます。
lr blog Amanemu-02392
緑と英虞湾が見えます。
lr blog Amanemu-02384
入り口側
lr blog Amanemu-02374
置いてあるフルーツがこの土地らしさを出してます。
lr blog Amanemu-02375
お部屋に温泉もあります。
lr blog Amanemu-02372
lr blog Amanemu-02395
アメニティはアマンのロゴ入りのものです。
lr blog Amanemu-02396
アマンのお部屋にはスナックが置いてあるのですが、美味しくて止まらなくなります。
冷蔵庫に飲み物も置いてあります。
lr blog Amanemu-02380

3.アフタヌーンティー

ティータイムにお菓子などを頂けるのもアマンリゾート共通です。
アマネムではブッフェスタイルのアフタヌーンティーのサービスがあります。
2018-05-31 blog lr Amanem-02345
lr blog Amanemu-02360
眺めも良いところです。
外人さんに人気で、半分以上が外国人のお客さんでした。
lr blog Amanemu-02358
美味しくて優雅なひと時が過ごせます
2018-05-31 blog lr Amanem-02356
2018-05-31 blog lr Amanem-02357

4.ディナー@志摩観光ホテル

ディナーですが、アマネムの評判が確認できず、車で20分ほどの志摩観光ホテル「ラ・メール クラシック」に行くことにしました。
2016年伊勢志摩サミットの会場となったホテルです。
随分前に泊まったこともあり、レストランも行っていました。
こちらのレストランのメニューは、シェフは変わっても基本昔ながらのクラシカルなもの。
懐かしい味に再会できます。

ホテルのロビーエリア
lr blog Shimakankohotel-02469
lr blog Shimakankohotel-02465
レストランには伊勢志摩サミットのセッティング。
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02407
さてディナーです。
lr blog La mer-02402
前菜
lr blog La mer-02418
「うにボンファム キャビア添え」
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02420
「鮑ステーキ ブールノワゼットソース」
分厚い鮑!
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02429
「伊勢海老クリームスープ」
lr blog La mer-02433
「伊勢海老ジュレ 車海老、鮑、キャビア」
lr blog La Mer-02436
「伊勢海老アメリカンソース」
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02438
「松坂牛フィレ肉ステーキ ペリグーソース」
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02447
季節のデザート
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02454
食後のお茶と小菓子
2018-05-31 blog lr Shima Kanko Hotel-02457
これぞ伊勢志摩なメニュー、変わらぬ美味しさでした。

>>志摩観光ホテル 公式サイト


5.夜のホテル散策

アマネムに戻って夜の風景を。
2018-05-31 blog lr Amanemu-02481
lr blog Amanemu-02483
2018-05-31 blog lr Amanemu-02480

プール
lr blog Amanemu-02477
サーマル・スプリング
プールのように大きな温泉です。水着着用。
建築もかっこいいです。
2018-05-31 blog lr Amanemu-02485-2
2018-05-31 blog lr Amanemu-02484
お部屋のテラスより、月夜の景色。
夜は周りが真っ暗なので、お天気がよく新月なら星が綺麗なはずです。
lr blog Amanemu-02487

次の日は晴れで、日の出を見て朝食を頂きたかったのですが、夫婦岩の日の出のほうに行ってしまいました。
次はさらに絶景、夕日、日の出、星空、朝食を狙いに行きたいところです。

最後に、アマンリゾートではそれぞれのリゾートのカラーのラゲージタグのお土産があります。
これも楽しみで、我が家のスーツケースのどれもどこかのアマンタグが付いています。
IMG_0133


アクセス等はこちら↓↓↓
>>アマネム 公式サイト


次回、もう一つ宿をご紹介します。


<大人のお伊勢参り旅>シリーズ記事はこちら↓↓↓
①伊勢神宮&お参りグルメ
②見ておきたい!近くの絶景スポット
③大人のための宿1.THE HIRAMATSU&RESORTS 賢島
⑤大人のための宿3.鳥羽国際ホテル





>>Instagram @hiromitravel
©Hiromi



ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



人気ブログランキング