南アフリカのサファリ、ビッグ5以外にも魅力的な野生動物達に出会えます。
ご紹介します。

※当ブログの旅行・観光についての全ての記事は、見て楽しんで頂く及び通常時の旅行観光の参考になる情報になればと思い書いているものです。
新型コロナウイルスについては、最新情報、各国・各自治体の発表をご確認の上、行動をお願いします。


1.キリン Giraffe

体高3mの姿は遠くからでも絵になります。

朝、太陽に挨拶しているようなキリン
lr blog Londolozi Giraffe-01576
マジックアワーのシルエットも最高です。
lr blog Londolozi Giraffe sunset-01749
lr blog Londolozi Giraffe sunset-01767

2.シマウマ Zebra

お馴染みのシマウマって、”ウマ”というけど馬よりロバに近いそうです。
確かに横から見ると以外と顔が大きくて、立ち方もロバっぽい。
lr blog Londorozi Zebra-01227
lr blog zebra-01221
道路に現れたシマウマ
lr blog Londorozi Zebra-01218
ライオンなどは視界がモノクロに見えているので、ゼブラ柄はサバンナの草原に溶け込んで見えるそうです。
なるほど、白黒だったら見つけにくいですね。
lr blog zebra-01232
毎日晴れでしたが、一日だけ霧がしばらく立ち込めた朝がありました。
そこに現れたシマウマ。幻想的な世界でした。lr blog Londolozi Zebra in fog-01479

lr blog Londolozi Zebra in fog-01478
夕暮れのシマウマ
lr blog zebra-00588



3.カバ Hippo

のんびりおっとりなイメージのカバですが、人間を襲ったりすることもあるそうです。
ジープの上から私達が見たカバはイメージ通りのんびりでした。
lr blog Londolozi Hippo-00705
赤っぽく見えるのは「赤い汗」と言われる赤い油を出していて、紫外線から保護しているからだそうです。
お昼間は水の中にいますが、夕方になると出てきます。

夕暮れのカバ
lr blog Londolozi Hippo-00575

4.ダチョウ Ostrich

ここに体長2~3m、世界最大の鳥ダチョウは、遠くからでもよく見えました。
10羽くらいの群れで生活しています。
lr blog Londorozi Ostrich-04163
体が黒いのがオスということで、真ん中がオスだと思います。
lr blog Ostrich-01252
飛べないけれど時速50㎞の足の速さで、この日も走ってました。
lr blog Londorozi Ostrich-01243
仲良しの2羽
lr blog Londorozi Ostrich-04144

5.まだまだいます Others

名前に自信がありませんが、まだまだ他にもいます。

アフリカの草原のイメージにピッタリのインパラImpala
足が速くてぴょんぴょん飛び跳ねていました。
インパラとか鹿っぽいのはレイヨウ、アンテロープ(Antelope)というウシ科の動物で、日本では見れないと思います。
lr blog Londolozi Impara-00475

これはワイルドビースト(ヌー)でしょうか。
lr blog Kruger -00530

ベルベットモンキー、かな?
ポーズをとってくれてました。
lr blog Londolozi Monkey-00668

野鳥達
lr blog londolozi-00563
lr blog Kruger -00473
lr blog londolozi-00565
lr blog londolozi-01521
爬虫類も
lr blog londolozi-00568

キャンプの近くにも野生動物達が歩いていました。
lr blog Kruger -00471
lr blog Londorozi Yara-01268



<憧れのアフリカ・サファリ旅>シリーズはこちら↓↓↓
①サファリの一日
②世界のトラベラーの憧れ「ロンドロジー」Londolozi
③見れたらラッキー!サファリのビッグ5
④ビッグ5の他にも!素敵な野生動物達
⑤お見逃しなく!世界三大渓谷ブライデ・リバー・キャニオンの絶景
⑥初めてのサファリ入門


>>Instagram @hiromitravel
©Hiromi


ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



人気ブログランキング